News
商品
about mai
ご利用案内
  • お買いもの手順<
  • お支払方法
  • 配送方法・送料
  • ご注文から発送までの流れ
  • 返品・キャンセル
  • お問い合わせ
ようこそ ゲスト さん
* ログイン style= * cart *
新規会員登録
 
だし > 利尻昆布小袋 30g 1P
利尻昆布小袋 30g 1P
432 円(税込)
数量 up
down
残りあと4個
カート
製造地 福井県
原材料 利尻昆布(北海道)
賞味期間
(製造より)
1年
保存方法 常温
  • 商品の特徴
収穫浜は、北海道の最北端、利尻島の沓形浜、礼文島の香深浜、
船泊浜などが利尻昆布の代表的な浜です。これらの浜は、汐の流れ、水温、陽ざし、流れ込む河川の条件、背後にそびえる山、そして広い昆布の干し場などすべての自然環境に恵まれています。そんな良質な利尻昆布を奥井海生堂では、さらに一年か二年じっくり蔵で寝かせ、熟成させた「蔵囲い物」としてお届けします。 蔵囲利尻昆布の特徴はくせのない透明で上品なだしがひけることで、吸いもの用の一番だしに最適です。

■日本で唯一の蔵囲い
奥井海生堂。120年以上の伝統と歴史を誇る老舗です。どれも厳選した天然の高級昆布ばかり。そしてその高級昆布を、湿度と温度を管理した蔵で寝かせているのです。その名も「蔵囲昆布」(くらがこいこんぶ)。寝かせるほどに熟成するのは上質の昆布だからこそ。力のない昆布を年単位で熟成させても、期待に応えるものはできません。磯臭さ、ぬめりを抜き、旨みを深める蔵囲の技を伝承しているのは、日本でも奥井海生堂だけです。
■蔵囲いの誕生
昆布は天日で干して出荷するまでに手間がかかりました。夏に収穫された昆布が敦賀に届くのは、そろそろ雪が降ろうかという晩秋だったそうです。
古来より冬の積雪量の多い北陸は、冬に入るとかさむ荷をともなう旅は不可能でした。そのため、荷役蔵でそのまま越冬し、春になって出荷されることが多かったようです。暮れに収納していた昆布を口にしてみると、新昆布の持つ荒々しさ、雑味、磯臭さがふどよく抜けておいしくなっていました。これが蔵囲いの起こりのようです。
商品レビュー

入力された顧客評価がありません。

  氏名 : 評点 :
内容 :
商品レビューを書く