News
商品
about mai
ご利用案内
  • お買いもの手順<
  • お支払方法
  • 配送方法・送料
  • ご注文から発送までの流れ
  • 返品・キャンセル
  • お問い合わせ
ようこそ ゲスト さん
* ログイン style= * cart *
新規会員登録
 
調味料 > 秋田杉の木桶 3リットル用/6リットル用 合成接着剤不使用
秋田杉の木桶 3リットル用/6リットル用 合成接着剤不使用 秋田杉の木桶 3リットル用/6リットル用 合成接着剤不使用
秋田杉の木桶 3リットル用/6リットル用 合成接着剤不使用 秋田杉の木桶 3リットル用/6リットル用 合成接着剤不使用
秋田杉の木桶 3リットル用/6リットル用 合成接着剤不使用
円(税込)
サイズ
数量 up
down
在庫確認
品切れ
   
製造地 秋田県
原材料 秋田杉・真竹・にかわ・柿渋
消費期間
(製造より)
------
保存方法 ------

 三大天然美林のひとつである秋田杉を使って職人の手で一つひとつていねいに組み立てました。

 自然の営みと共に、ゆっくり時間をかけ仕込む食の豊かさ、使い込むほどに命が吹き込まれる伝統的な天然素材の魅力を、この「杉桶」を通じて味わっていただければ幸いです。
味噌や漬けものといった日本ならではの伝統食づくりにご活用ください。

最大の特徴は「呼吸」

 木桶はプラスチック容器と異なり、呼吸をしています。
内容物によっても異なりますが、一般的に味噌づくりなどで行われる上下を入れ替える作業「天地返し」が必要ないと言われています。(混ぜて空気を取り込むこと)
 そして秋田杉ならではの『良い香り』はプラスチック容器には真似することはできません。木桶は年を追うごとに成長してきます。前年の味や風味を引き継ぎ、より深い愛味わいが楽しめます。

杉桶のご使用方法

 桶は使わない期間が長いと傷みが進みますので、毎年使っていただくことをおすすめします。
 本体には、桶・樽材に適材とされる秋田杉を使用。胴を締める「タガ」には、天然の真竹を使っています。合成接着剤などは一切使用せず、にかわと柿渋(底板)のみを塗布しています。
 また、昔から水分の多いものの長期保存に適しているとされてきた「板目材(木材の向き)」を使用しています。材の性質上、ご使用の前に十分水分を馴染ませる必要があります。


製造工程上、内部に若干の凹凸(おうとつ)があります。ご理解の上でご利用くださいませ。


内蓋と外蓋にクギが使用されております。継手・仕口(木材だけの継ぎ合わせ)ではございません。

使用上の注意

●使用前
水を満杯まで入れ、桶に水を吸わせてください。継ぎ目から水が漏れなくなるまで、何度か水を足す必要があります。漏れなくなった後、軽く乾かしてからご使用ください。
(目安 : 満水で30分放置、その後漏れた分追加し、更に30分放置)
合成洗剤を使用すると、変色の可能性がございます。絶対に使用しないでください。
汚れが気になる場合は、重曹とタワシ、またはナイロンパッドで洗ってください。
桶に巻いている竹のタガは繊維質で、使用しているうちにヒゲが出てきます。ヒゲが刺さり、ささくれだつことがありますのでご注意ください。ヒゲは、亀の子たわしや歯ブラシでこするときれいになりますので、素手で擦ることはお避けください。

●使用中
味噌やぬか床など塩分の多いものを仕込む場合、浸透圧の関係で水分がにじみでてくることがあります。(周囲の湿度と反応して水滴となり、漏れているように見えます)。
その際は、桶の下に受け皿を設置してからご使用ください。

●使用後
使用後は、水またはお湯でさっと洗い、2〜3日陰干ししてください。
その後は戸棚の中など、陽の当たらない場所に保管いただきますようにお願いいたします。

 
商品レビュー

レビュー件数:1

評価

2018/03/16

鈴木 守さん

去年トラスト会員で購入し今年買い足し+友人用で2つ購入しました。去年の物は内蓋で釘の打ち忘れが2か所ありました。今年のは不具合無し 耐久性は10年くらい使わないとなんとも言えないが、今現在は特に問題無し 使用する際は水分がでてくるとガイドブックに書いてあったのでゴミ袋に入れて保管しました。そこにお皿敷いたり方法は色々あると思うけれどゴミ袋は汁の垂れる恐れが無くなるので便利です。

1件〜1件 (全 1件)

  氏名 : 評点 :
内容 :
商品レビューを書く